Project C3 Wiki

このページでは、TI OMAP3プロセッサを搭載したボード「BeagleBoard」を使用した開発のメモなどを置いていきます。

メモ

NFSでブート(ubuntuで確認)

以下でNFS_PATH_FOR_ROOTはNFSサーバー内beagleboardのrootのフルパスを指定する

サーバーIP192.168.24.210
beagleboard IP192.168.24.201
beagleboard Subnet mask255.255.255.0
画面解像度1280×1024

ブートローダー(U-Boot)からは以下の設定で起動
(ルートファイルシステムはSDカード(FAT)内にuimage_ubuntuというファイル名で保存しておく)

setenv bootargs 'console=ttyS2,115200n8 root=/dev/nfs nfsroot=192.168.24.210:NFS_PATH_FOR_ROOT,nolock
 ip=192.168.24.201::255.255.255.0 omapfb.mode=dvi:1280x1024MR-16@60'
bootcmd=mmcinit; fatload mmc 0:1 0x80300000 uimage_ubuntu; bootm 0x80300000
boot

注意 : bootargsの設定値のIP=が正しく反映されていないようです。調査中です。とりあえず上記の設定のままだとDHCPで接続されています。

修復:起動しなくなった。「40V」が表示される

なにげなく、kernelをNANDに書き込むため、U-Bootから「nand erase」と打ち込んだところ起動しなくなり、リセットしても「40V」表示のみとなります。40Vと表示するモジュールが何なのかは不明ですが、少なくともこのままではボードはブートできないようです。

参考 : http://groups.google.com/group/beagleboard/browse_thread/thread/b3a7d25b0f59619d/b8c203cdb157f105?lnk=gst&q=40V#
  1. SDカードのフォーマット HPのSDカードフォーマットツール「SP27213.exe」を入手します。これは、ブート用のメディアを作ることができるフォーマットツールで、その他のフォーマットツールとは少し様子が異なるようです。HP自身は公開していないようで、適当なサイトからダウンロードしてください。ウィルスチェックを忘れずに。
  2. メディアにデータの書き込み
    http://code.google.com/p/beagleboard/wiki/BeagleboardRevCValidation
    上記サイトのまま、データをルートに書き込みます。
    u-boot as u-boot.bin
    とあれば、リンクをクリックして取得したファイルを「u-boot.bin」としてSDカードのルートディレクトリ上に保存します。
  3. beagleboard上での起動 USERボタンを押下したまま、RESETボタンを押下します。するとAngstromが起動します。その過程でブートローダも書き換わっていますので、次回SDカードなしでリセットしても、NANDよりブートローダーが起動するかと思います。

http://code.google.com/p/beagleboard/wiki/BeagleboardRevCValidation

アクセスカウント(累計) : 6373
アクセスカウント(本日) : 2
アクセスカウント(昨日) : 1


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-11 (土) 13:47:16 (2997d)