ハンダ付け

このページの目次

DIPピッチの基板に、より狭いピッチのコネクタ等をマウントするには

一般に売られている穴あき基板(写真)は、ユニバーサル基板と呼ばれるものです。この基板は、ユーザーが多目的に使用できるよう、特に特定の回路パターンなどはもたず、単に部品を実装するためのランドが一定間隔で用意されている基板です。

この穴の間隔も、いろいろな種類がありますが、一般的なものは「DIPピッチ」と呼ばれるものです。DIPピッチとは、2.54mmピッチを指します。

電子工作をする際に、コネクターや、フラットパッケージのIC(QFP、SSOPなど)をDIPの基板上に実装したい事があります。こういった場合には、「サンハヤト」などから販売されている「変換基板」を使用する事が多いと思います。

P1040668.JPG
P1040667.JPG

ピンピッチ変換基板は、両面タイプと片面タイプで結構値段が違いますが、いずれにしても数百円から千円以上したりするものです。

もっと、お手軽に狭ピッチ実装するテクニック

ポリウレタン導線について

ポリウレタン導線をご存知でしょうか?

「エナメル線」をご存知の方はおられるかと思います。鉄芯に線を巻き、電磁石を作った方もおられるのではないでしょうか?エナメル線の皮膜は、紙ヤスリなどでそぎおとさなければハンダ付けはできません。

しかし、ポリウレタン線は、「ハンダの熱で溶ける」という特徴を持ったエナメル線で、UEW*1とも呼ばれています。

P1040669.JPG
polyurethane.gif

上記のような特徴があるため、細かい配線を多数しなければならないような場合に効果を発揮します。

ポリイミドテープについて

ポリイミド*2という素材があります。これは、とてもハンダの熱に強い素材で、フレキ*3にも使用されています。

P1040670.JPG

また、この素材を使用して作られたテープを「ポリイミドテープ」と呼び、耐熱性の必要なところでのテープとして活用されています。

P1040665.JPG

実装

実装したいコネクタのピッチと、基板のピッチが異なる場合、実装は正しく出来ません。 しかし、基板のコネクタ実装部分だけ、ポリイミドテープで絶縁された領域して、コネクタ端子から直接高密度実装に適したポリウレタン線で線だしをすればよいのです。

connector.gif

実例

P1040663.JPG
P1040664.JPG




アクセスカウント(累計) : 5417 アクセスカウント(本日) : 1 アクセスカウント(昨日) : 0


*1 UEW stands for Polyurethane enameled copper wire
*2 polyimide
*3 フレキシブルプリント基板,FPC

添付ファイル: fileP1040663.JPG 707件 [詳細] fileP1040664.JPG 676件 [詳細] fileconnector.gif 650件 [詳細] fileP1040665.JPG 652件 [詳細] fileP1040670.JPG 663件 [詳細] filepolyurethane.gif 704件 [詳細] fileP1040669.JPG 871件 [詳細] fileP1040667.JPG 716件 [詳細] fileP1040668.JPG 647件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-12 (金) 00:38:07 (3964d)