Project C3 Wiki

PC-OP-RS1とは

これは、バッファローの学習リモコン装置です。

http://buffalo.jp/products/catalog/item/p/pc-op-rs1/

4chの独立してコントロールできる赤外線出力ポートと、1chの赤外線入力ポートを備えたユニットです。

また、玄人志向からも同種の製品が発売されています。

バッファローの製品は、添付ソフトを使用し、お手軽にリモコンを学習させて、スケジュールや一定のシーケンスに従ってコマンドを発行したりするものです。
一方で、玄人志向の製品では、そのソフトは添付されておらず、制御ライブラリが添付されているのだそうです。 この記事では、バッファローのPC-OP-RS1のみを使用しています。

また、今回この記事を書くにあたり、以下のサイトの説明を参考にさせていただきました。
どうもありがとうございます。

スーの道具箱/分解してみよう/PC-OP-RS1

このページでの取り組みのゴール

このページでは、まずコマンドを実際に叩いて制御を行う実験をし、最終的にはコントロールライブラリを作成して、Ruby.のラッパーを作成し、Rubyでサクサクと好きな赤外線コマンドを発行できるプラットホームを作成したいと思います。
これがあれば、好きなシーケンスで赤外線コマンドを発行できるので、いろいろな実験に使用できます。

WindowsからのコントロールDLLの制作

コントロールDLLを作ろう>PC-OP-RS1

Rubyからのコントロールクラスの制作

Rubyからのコントロールをしよう

ダウンロード

以下から、制御ライブラリ(C++ソースコード及び、Rubyクラスライブラリの全て)をダウンロードしていただくことができます。

アクセスカウント(累計) : 15253
アクセスカウント(本日) : 1
アクセスカウント(昨日) : 0


添付ファイル: filepc-op-rs1-control-Lib_0.1.zip 1480件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-08 (土) 13:26:09 (2751d)