このページの目次

はじめに

ノリタケ伊勢電子のSCK14032A-Aを入手してみました。このハードは、ノリタケ伊勢電子VFDモジュールMN14032Aと周辺回路、そして制御マイコンとしてPIC18F2510を搭載したものです。

外部リンク

ノリタケ伊勢電子 SCK14032A-A
itroMate(無料会員登録)に登録する事で、技術資料の閲覧が可能です。

PICとの出会い(10年前)

実は、ワタクシはPICマイコンを毛嫌いしていました。ちょっと食わず嫌い的な部分も否めませんが、遡ること10年前、秋月電子で購入したPIC16F84で遊んでいたんです。アセンブラがちょっと特殊に見えて、はなからCコンパイラを使っていました。その時使用していたのは秋月電子PicC Compiler(Grich製)でした。 動くのは動くのですが…たまに変な動作をする?今考えるとスタック溢れでもしていただけだったのかもしれませんが、悩んでいる内にAtmel AVRマイコンに出会い感動し、アセンブラ、avr-gccの世界にどっぷりつかっている内にPICの事を忘れていました。

ノリタケ伊勢電子さんにて

そんな中で、先日とある件でVFDパネルのリーディングカンパニーである、ノリタケ伊勢電子さんを訪問させていただいたのです。その際、技術部門の方にVFDデバイスの事を詳しく教えていただきました。特に、ラインナップの中にはマイコンを搭載しており、かつユーザーが書き換えて使用できるものである、ということ。ドットマトリクスである、ということ、4諧調タイプであるということに感銘を受け、早速入手してみました。

とても引っかかっている事は、搭載しているマイクロプロセッサがPICである、ということです。

ただ、どうやら現在では、開発環境も整備がすすみ、フリーのSDCCが動作するということでした。SDCC自体は、過去にEZ-USBで8051 CPUを制御する際に調べたことがあったので、ある程度の知識はあります。

というわけで、今回は、久々にPICを使用してみることにしました!
一抹の不安は拭いきれませんが...^^;

開発環境のセットアップ

まずは、C言語によるPIC開発環境をセットアップします。 PIC開発環境の準備?

コンテンツ

アクセスカウント(累計) : 2503
アクセスカウント(本日) : 1
アクセスカウント(昨日) : 0


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-02 (金) 12:33:28 (3128d)